22/7 | ナナブンノニジュウニ

OFFICIAL BLOG

146。東_↔︎_西

2019.07.02

白沢かなえ












サイドテール。

珍しいです。



image1.jpeg






この髪型で挑みました、ナナニジライブ #6。



無事に終わりました。









今回、

芽衣ちゃんが体調不良でお休みとなり、
初めて10人でライブを行いました。


「芽衣ちゃんの分も頑張ります」
と最初のMCで言ったけど

やっぱり芽衣ちゃんは芽衣ちゃんだし、
他の誰にもその穴を埋めることは出来ません。

それでも

ちはるんとサリーちゃんは
文字通り芽衣ちゃんの分の歌を歌ってくれたり

私たちメンバーも
精いっぱいパフォーマンスしました。



皆さんも、
11人が揃う時を待ってくださると嬉しいな。


これからも、22/7をよろしくお願いします。














話は変わりますが、
今月の挑戦企画はTシャツデザイン。



image4.jpeg



私はこんな感じに。





このデザインにした理由は
◯汗が染みない色
◯普段着として着れるようなシンプルなデザイン
◯でも、ナナニジライブ感も忘れない
◯11枚の花びらはメンバー、茎はファンの皆さん



ですが、



もうひとつ。




お花にした理由というまでもないけど、描いているときにふわっと頭に浮かんだこともあって。








1stシングル「僕は存在していなかった」





歌詞に




他の花と比べていた
ずっと一人絶望して
どんな花も色があるように
僕には僕の色がある





これが頭に浮かびました。






描いている最中に浮かんだので
お花にした理由というわけではないけれど
ナナニジっぽさというものが
ここに表れれば良いなと思っています。




お花は、太陽っぽい、ひまわりっぽい感じにしたかったからオレンジ色にしました。


それに伴ってどんなお花を描こうかなと考えましたが、ひまわりそのものを描くっていうのはなんか違って。
固定されたそのものを描きたくなくて。



輝きだけをのせたかったんです。




やっぱり

アイドルって輝いてると思うから。




そしたら、
心なしかこんな形のお花になりました。


どこか太陽っぽい、でも太陽じゃない。
ひまわりっぽい、ひまわりじゃない。










僕には僕の色がある




だから、

本当は一つ一つ色を付けたかったのですが、

一つしか色が選べないということだったので

こんな感じに。







色、見えるといいなぁ。









まだ聴いたことない人
久しぶりに聴きたい人




僕は存在していなかった / 22/7



聴いてみてくださいね🌳🍃
















ここで、

Tシャツデザインの裏話をもうひとつ。



本当はナナニジライブのMCで話す予定だったのですが、時間の都合上やむなくカットとなってしまったお話です😊











じゃん。




image1.jpeg




サリーちゃんデザインのTシャツ!







実はこれ、
私のためのデザインなんです!!!!









というのも…



皆さんご存知の通り、集合体恐怖症のわたし。




ぷつぷつしたものや
異常に細かいものが連続してるのが苦手です。








当初、サリーちゃんはこのTシャツに
もっと小さい人間(?)を描いていて



ちょっと気持ち悪いな〜



と密かに思っていたのですが…(笑)







そんな私を察して



「かなえる、これ大丈夫🥺?」



って聞いてくれて



「ちょっと怖いかな〜😣」



っていうと




「分かった!じゃあもっと小さくするね!」

「これは?どう?🥺」

「この大きさなら平気?🥺」



というふうに
私を気遣って描いてくれました🎨







ちょっとこれは、
どうしても自慢したかった…😊(笑)





というエピソードです!えへへ〜









そんなメンバーの愛がたくさんつまった
ナナニジライブTシャツ。


現在応募受付中です。



投票期限は7月4日(木)23:59まで!










私に投票してねと言いたいところですが、メンバーひとりひとりが一生懸命デザインしたものなので、



皆さんが良いなと思ったデザインに
投票してね。
















image2.jpeg



お花、いつもありがとうございます(>_<)💐💐












7月も頑張るぞ〜!














お読みいただきありがとうございました。

またね。



PRODUCER

© 22/7 PROJECT